森の妖精、ほんとにいる?

大自然に囲まれたレッドランドですが、ここから1時間ほどドライブしたところに、亜熱帯雨林地帯があります。

世界遺産にも指定されたレインフォレストで、東京都まるごと入ってしまうくらいのスケールの大きさ。

この森には、いくつかのウォーキング・トラック(山道ルート)があり、30分ほどのお試しコースから、長いものだと2泊3日の本格派コースまであります。

福島ファミリーは、双子の子どもたちが5歳の頃から、この森歩きにめちゃくちゃハマり、一時は毎週のように森に通って、一日10~20キロくらい歩きまくっていました。

ガールズ 6歳


ガールズ 18歳

ティーネージャーになると、さすがに娘たちは行きたがらなくなりましたが、最近また、森歩き熱が再燃しつつあります。

昨日は、久しぶりに雨が降り、歩きはじめは霧雨。レインフォレストが喜んでいます。

そのうち雨がやんで霧があがり、太陽が顔を出すと、水にぬれた森が光を浴びて、とってもキレイに輝きます。

今回は、沢わたりをしながら、沢沿いに滝を見て歩くコースでした。

ちょうど雨が降ったあとだったので、滝がまた美しくて。

そして、鮮やかなブルーのザリガニさんがお迎え。

まるで、バルタン星人。

怒って(ビビって?)一生懸命、威嚇する姿がまた、かわいい。

 

18Kmコースを5時間かけて歩きました。

最後のほうは、さすがに足が疲れたけど、ヒトにはめったに会わない森の奥の奥に入ると、森の息づかいが直接感じられて、心が洗われるんです。

自然のエネルギーに包まれて、魂が安心して裸になれるような。

森の精が人間界のあれこれを浄化してくれるみたいな。

大木の声が聞こえてくるような。

自然はウソをつかないし、ジャッジしたりしません。

ほんとに自由になれます。

・・・この感覚にハマってしまって、また行きたくなるのです。

 

そして、昨日はオーブさんが写真に写ってくれました。

オーブというのは、森の精、自然エネルギー体のようなものだと思っています。

森の奥のほうでしか出てきてくれません。

よく写ってくれる場所にいっても、いつも出てきてくれるとは限らない。

昨日は、オーブさん、とびきり大サービスしてくれました。
(※もちろん画像加工などしていません。撮れたまんま)

 

おそらくは、光の反射でこのように見える、写真に写るのだろうと思います。

科学的には「バックスキャッター(後方散乱)」と呼ぶものらしいですが、バックスキャッターが起こるのは、水滴なりホコリなり、なんらかの目には見えにくい物体が光によって反射するからです。

もしかしたらカメラのレンズの汚れかもしれない、水滴かもしれない、と思ったりもしましたが、いつも同じ場所に写るわけではない。

森にいる(ある)、なんらかのエネルギー体が光に反射して、写しだされるものだろうと思います。

ここでシャッターを切ると、出てきてくれそうな気がするときもあれば、思いがけず写ってくれることもあります。

↓右上の写真の青いオーブを拡大した画像です。

ね、なにか、いますよね?

About 福島 麻紀子

E-Conception(イー・コンセプション)創設者&代表。 国際ナチュラルセラピー協会(INTA)元理事。 国際クレイセラピー協会(ICA)元理事。 主な著書に『大地のエネルギーで癒すクレイセラピー』(フレグランスジャーナル社)、『赤ちゃんからのナチュラルケア』(学陽社)がある。 オーストラリア在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です