はじめての失神

はじめての失神

先週末、生まれて初めて【失神】しました。

いわゆる、卒倒、気絶、気を失う、というやつです。

とはいえ、

心臓が悪いわけでも、
イケメン有名人に会ったわけでもありません。

家族はびっくりしたようですが、
主観的にはなかなか新鮮な体験でした。

何が起きたか、と言いますと・・・

=====ここから過去に戻って実況中継=====

ここ最近、自分がいかに植物好きだったかに改めて気づきまして。
(だからアロマとかフラワーエッセンスにハマったのか!)

暇されあれば、家の内、外かかわらず、
植物さんたちと交流しておりました。
(いわゆる、ガーデニングというやつです)

ガーデニングでは、スクワット姿勢をとることが多くなりますが、
あるとき、スクワットしていく途中で、突如クシャミが出ました。

ピッキーン

そのとたんに、左側の腰から音がした!(いや、してないって)

なにかがズレて、壊れました。

いわゆる、

ぎっくり腰』というやつでしょう(涙)。

動けない。
いや、動けるけど、超イタイ。

歩くのもやっとこさ、という痛みようでした。

 

夫のラースに助けを求めると、

「とにかくベッドにまっすぐ寝て!」と、

ゆっくり仰向けに寝かされ、

鎮痛剤を持ってきてくれたので、
素直に飲みました。

1時間ほどして、「ディナーできたよ~」と呼ばれたので、
そろそろ歩いて、ゆっくり椅子に座り、
ごはんをおいしくいただきました。

食べ終わったとたん、

なんだか、ぼーっとしてきて、
めまいみたいな感じになって、
まわりが白くて小さなお星さまでチカチカ、いっぱいになりました。

そのお星さま集団に包まれるように、
ふわ~っと天上界に昇っていくような、
不思議な感覚に包まれました。

「もしかして、死ぬのかな?」と思ったけど、
動けないし、しゃべれないから、
ただただ、そのお星さまに身を任せていました。

・・・・・

次の瞬間、遠くのほうでラースが悲鳴をあげているのが、
霧の向こうからかすかに聞こえます。

「ヘルプ、ヘルプ!」

え?何が起きた?

と思ったら、私、床の上に座ってました

いつのまにか、椅子の上から床にワープした?

椅子から床に落ちたらしいけど、意識も記憶もないのです。

ラースは相変わらず、遠く霧の向こう側で
「救急車を呼べ!」と、ガールズに指示している。

「いや、そんなオオゴトじゃないよ~」と自分では思っているんだけど、
でも、動けない、しゃべれない。

ベッドに連れていかれて、だんだん霧が晴れてきて、
声が出せるようになりました。

「大丈夫だよ~、病院なんか行きたくないよ~」

まだ、霧の向こう側にいる人たちにしゃべるような感覚だったけど、
意思は通じたようです。

次第に霧が晴れてきて、目も開けられるようになり、
1時間ほど休んでいたら、だんだん平常に戻りました。

 

=====起きたことの分析・解説=====

今のは一体何だったんだろう?と調べたところ、

なんと、鎮痛剤の副作用だったみたいです。

腰痛がひどかったので、
パナデイン・フォートという強い鎮痛剤を持ってきてくれたのですが、
これ、お医者さんの処方箋が必要なお薬。

たまたま、以前もらったものの余りが引き出しに残っていたわけです。

私もこの薬、以前に飲んだことあるから、
問題ないと思ってました。

 

冷静になってみれば、

お得意のアロマやクレイで対応できたはずなんですよね。

 

ぎっくり腰やってしまったんだから、

マグネシウム ローションに、
アロマブレンド「ペインリリーフ」
・そして、クレイ湿布

等で痛みは抑えられたはず。
(遅ればせながら、今やってます。おかげさまで、だいぶラクになりました。)

でも、そのときはあまりに痛くて、自分でできる状態ではなかったし、
ラースも焦って、とりあえず鎮痛剤!ってくれたんだと思う。

処方箋薬は安易に飲んではいけませんね。反省。
みなさんも気を付けましょう!

 

=====でも、面白がっている自分がいる…=====

家族には驚かせちゃって申し訳なかったけど、
自分的にはとても興味深い体験だったんです~。

脳科学者ジル・ボルト・テイラーさんが、
自身が脳卒中にあった体験を本に書いていますが、
そのときの感覚、ちょっと分かる気がしました。

脳が「現実」を創り出しているだけなんだな、という。

科学とスピリチュアル(魂世界)の接点が見えるような、
いろんな意味で面白い本です。

『奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー著

About 福島 麻紀子

E-Conception(イー・コンセプション)創設者&代表。 国際ナチュラルセラピー協会(INTA)元理事。 国際クレイセラピー協会(ICA)元理事。 主な著書に『大地のエネルギーで癒すクレイセラピー』(フレグランスジャーナル社)、『赤ちゃんからのナチュラルケア』(学陽社)がある。 オーストラリア在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です