眼のトラブル?! フラッシュが見えたら…

眼のトラブル

※前回に続き、イー・コンセプションとはまったく関係のない話題です(笑)。

ぎっくり腰 → 卒倒

したお話をしましたが、実は、その続きがありまして。

*****

卒倒した翌日から、眼の調子がおかしくなりました。

*****

暗いところでしか分からないのですが、

左目の視界ギリギリ端っこに、稲妻のような光が瞬間的に入るのです。

パチッ  パチッ とね。

まばたきするたび、というのは大げさですが、かなりの頻度で。

イメージ図をフォトショップしてみました。こんな感じ↓

視界にフラッシュ

視界にフラッシュ

 

最初は気のせいか?と思ったのですが、気のせいにしては頻繁すぎます。

さらに、眼のなかに何か浮いているような感じで、視界の一部がぼやける、その「ぼやけ物体」が移動する(飛蚊症のような感じ?)、という現象もありました。

眼にゴミが入ったのかな?と、目薬さしても変わらず。

うーん、なんかおかしい。

*****

そういえば、、、と思い出しました。

網膜が決裂して手術したお友だちのこと。

視界にフラッシュが現れたので、眼医者にいったら、緊急!レーザー治療だったそう。

放っておいたら失明だったかもしれない、、、とコワーイ話を聞いていました。

*****

それで、Retina Detachment(網膜剥離)でグーグルさんに調べてもらったら、

すごい!症状ぴったり!

めちゃヤバいかも!

*****

さっそく眼医者さんに駆け込みました。

検査の結果、

「Posterior vitreous detachment です」

と言われました。

は? なにその長い名前?

 

**********

眼医者さんの説明によると・・・

網膜っていうのは、レンズの後ろ側で眼球を囲んでいる膜。
(赤字で図示してます)

眼の構造図

眼の構造図  (Wikipediaより引用)

 

網膜が決裂したらすぐに対処しないと、
網膜の外側に水が入ってしまい、網膜細胞が死んでしまうから、
下手したら失明することになるかも… という緊急事態

それを「網膜剥離」と呼ぶのですね。

*****

私のケースは、「網膜剥離」ではなく、

眼球のまんなかにあるジェル状の部分=(硝子体)の 後ろ側

(緑色で図示)が剥離している状態なのだそう。

視神経とつながるあたり。

だから、視神経に「存在しない光情報」を送ってしまい、
フラッシュが見えたりする。

でも、この症状は、「網膜剥離」とは違い、
放置しておいても支障はない、
というか、放置するしか治療法はない。

6週間くらいで自然治癒するから大丈夫。

とのことでした。

なお、この症状は、年齢もあるけど、

バンジージャンプとか、スカイダイビングとか、
物理的な衝撃によって起きることがあるそうです。
(きっと私の場合は、卒倒したせいですね…)

また、近視の人は網膜が薄い傾向があるので、
剥離しやすいんだそうです。

「じゃあ、網膜剥離になったら、どんな症状が出るんですか?」

と聞いてみました。

「今回あなたが見たフラッシュの、もっとすごいのがいっぱい見えるわよ」

もっとすごいの・・・

いっぱい・・・

あの、こんなんでしょうか?(想像です・・・)↓

眼フラッシュ(想像です)

眼フラッシュ(想像です・・・)

※追記:フラッシュ(発光)と、もうひとつ「影」にも要注意だそうです。

**********

みなさん、万一、視界にフラッシュか影が見えたら、

すぐに眼医者直行してください!!

**********

家に帰ってから、Posterior vitreous detachment の和訳を調べたら

「後部硝子体剥離」

でした。

正直なところ、「網膜剥離」じゃなくて、ホッとしました。

が、眼の奥なので、アロマもクレイも使えませんね(涙)。

気休めかもしれないけど、クレイ湿布つくってアイピローして寝るくらい。

眼を疲れさせないようにしながら、様子を見てます。

*****

しかし、ぎっくり腰ひとつで、いろいろあるものです(笑)。

寄る年波には逆らえませんので、お互いに注意しましょうね♪

About 福島 麻紀子

E-Conception(イー・コンセプション)創設者&代表。 国際ナチュラルセラピー協会(INTA)元理事。 国際クレイセラピー協会(ICA)元理事。 主な著書に『大地のエネルギーで癒すクレイセラピー』(フレグランスジャーナル社)、『赤ちゃんからのナチュラルケア』(学陽社)がある。 オーストラリア在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です