乾燥肌の主な原因は?

乾燥肌の原因

私たちは日々、お肌を洗いすぎています。

界面活性剤が自然な皮脂まで取り除いてしまうために、皮脂バランスが崩れ、お肌が乾燥し、老化が早まってしまうのです。
(逆にオイリー肌になってしまう場合もあります)

コロナ予防のために頻繁に石けんで手洗いしていると、手が乾燥して荒れますよね?
それと同じことが、顔でも体でも起きるわけです。

コロナ対策の手洗いは必要ですし、お肌を清潔に保つことは大切です。

しかし、顔や全身まで毎日のように洗剤使って洗う必要はありません。

とはいえ、洗浄後のすっきり感がやみつきになっていたり、体臭が気になったりする方も多いでしょう。

その場合は、少しずつ洗浄剤をマイルドなものに切り替えていく、洗浄剤を使う頻度を減らしていくといいでしょう。

また洗浄剤をクレイで代用するといった選択肢もありますね。

食品グレードベントナイト

クレイセラピーはその点でも素晴らしく、界面活性剤を使わずにお肌を浄化し、コンディションを整えることができます。

しかし、粉のままのクレイはその特性や使い方のコツをよく知らないと扱いにくくもありますね。

そこで、このたび『クレイボディソープ』を開発しました。

クレイボディソープ

クレイボディソープ

クレイセラピーを応用した、お肌にやさしい乳液タイプのボディソープです。

香りは草原のイメージ。

フェイスも含め、全身に使える万能洗浄剤を意図しています。

《使い方》
湿らせたスポンジやタオルなどに小さじ1杯ほどのクレイボディソープを馴染ませてから、お肌に広げ、シャワーなどで洗い流してください。

泡立ちはほとんどありませんが、クレイの洗浄力でお肌に刺激を与えずに浄化し、しっとりした健康でナチュラルなお肌へと導きます。

※「泡立たないとキレイにならない」という信念は過去に洗剤会社がCMを通して消費者に擦り込んだマインドコントロールです。お肌の浄化に泡は必ずしも必要ありません。

 

なお、先日リニューアルした『クレイクレンジング』は、クレイファンデーションなどのライトなナチュラルメイクを落とすための「クレンジング」として開発されました。

が、洗顔料としてもご好評いただいています。

クレイクレンジング

クレイクレンジング

バッチリメイクで決めた日は「スクランピー石けん」等ナチュラル石けんとのダブル洗顔で対応してください。

 

しかし、市販のファンデーションなどをお使いの際には、お化粧落としパワーが物足りないと感じられるかもしれません。

そういうときは『クレンジングベース』がオススメです。こちらはベースなので無香です。お好みの精油などを加えることもできます。

クレンジングベース

クレンジングベース

 

はっきりいって、メイクしない人は「クレンジングベース」必要ないですよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です