スキンケア裏話 (2) 香料のリスク

「イーコンのスキンケア商品って、どこのメーカーのどんなブランドよりも絶対にいい!」という自信の根源(笑)をお届けするシリーズ、第二回目です。

第1回では、ナチュラル原料の重要なポイントは、乳化剤と香料であること、イーコンの乳化剤のこだわりについて、ご案内しました。

今回は、もうひとつのこだわり素材である【香料】についてお伝えします。

「人工の天然成分」という矛盾

イーコンのスキンケアに使われているのは、すべて精油です。ピュア精油そのものです。

最近はアロマセラピーも広がってきましたので、「天然精油を使っています」みたいな化粧品も増えてきてはいます。
しかし、ほんっとーに天然精油「しか」使っていない化粧品はほとんどありません。

アロマセラピー・ブランドの化粧品ですら、精油に「ゲラニオール」「リモネン」などを加えているのをよく目にします。それらの成分は、精油の成分の一部ではあります(だから「天然成分」とうたっている)が、自然に抽出されるわけではなく、ラボで人工製造されたものです。

ピュア精油だけを使うと、コストも高くなるし、どうしてもロットによって、香りや成分や色の差ができてしまうので、そういった「人工の天然成分」(←すごい矛盾!)で調整しているのです。

「ゲラニオール」「リモネン」などと記載しているブランドは、まだ正直ですが、キャリーオーバー(原料のなかにすでに含まれている1%未満の原料は、表示義務がない)として、書かれていないことも多いはずです。
(ピュア精油に慣れた鼻なら、香りで分かっちゃいますよね。笑)

それでは、イーコンは、なぜピュア精油にこだわっているか

イーコンがピュア精油にこだわる理由

「精油=ナチュラル=安全」だから、ではありません。
ナチュラルなものでも使い方、量によっては有害な場合もありますからね。

私たちは、アロマセラピー本来の、人智を超えた植物のエネルギーを大切にしているから、なんです。

芳香療法(アロマセラピー)の創始者ともいえるジャン・バルネ氏の気づきは、

  部分の総和=全体とは限らない

という点でした。

精油の成分をひとつひとつ分解して、その複数成分を組み合わせても、全体(もとの精油)と同じにはならない、という意味です。

1+1+1+1+1=5 には必ずしもならないよってことを言っているわけです。

「植物からそのままいただいた、ありのままの精油だからこそ、癒しのパワーがある。」

最近は人工香料の弊害についても少しずつ情報が出回ってきました。
各種ガンや自律神経の異常、偏頭痛、アレルギーなどの原因になっているようです。

誰かがつけている香水が、まわりの人の害になることを「香害(こうがい)」と呼ぶそうですね。

アロマセラピーを生活に取り入れて、ほんものの精油を使い出した人には、直感的、感覚的に分かると思います。
人工香料だと違和感ありませんか?
気持ちわるくなったりしませんか?

だから、私たちは、何も加えない精油そのままにこだわっているのです。
コストが高くなっても、ロットによって仕上がりの香りに多少ばらつきが起きても、妥協できない理由がここにあります。

さらに、、、アロマセラピーを勉強された方ならご存知でしょうが、

精油はただ香りがいいだけではなく、
その芳香成分に「抗菌作用」「抗炎症作用」「抗アレルギー作用」「細胞促進作用」「収斂作用」など、スキンケアにとって大切な効能があるのです。

さらに、皮膚にはバリアがあるので、何をつけても皮膚内に浸透しにくいものですが、精油には皮膚細胞への浸透を助ける作用まであるんですよ。

人工香料は、香りづけオンリー。精油は香り+お肌への効能あり。

どちらがいいか、歴然です。

イーコンでは、できあがりの製品の香り、複数アイテムを重ねていったときの香りの自然さ、好ましさだけではなく、そうした皮膚への効能も考慮し、実験研究したうえで精油ブレンドを開発しています。

ですから、ロットによって香りや色や感触が多少違ったりすることはありえます。
でもそれが、自然が私たちにくれたものなのですから、そのまま ありがたく いただきませんか?

・・・というのがイーコンの提案しているスキンケアなのでした。

※今年の福袋には、あえて香料も加えたアイテムを1つだけ入れてみました。
(あえて、どのアイテムかは公表しませんが、説明書を見たら分かります)
みなさんのご感想をお聞かせください!

 

 ~ ☆゜*:..。.:*・゜*+:。.。。:+* *:..。.:*・゜*+:。.。。:+* ☆”~~

『カカドゥ・プラム』抽出液 配合
2019年2月より、スキンケア・レシピ改良リニューアル!

 

カカドゥプラムの実

スキンケア商品スキンケアシリーズから、人気の3商品が、オーストラリア原産植物『カカドゥ・プラム』成分を加えて、さらにパワーアップしました!
カカドゥ・プラムは、オーストラリア北部熱帯地方の過酷な野生環境で力強く育ちます。

野生に実る「すもも」の一種で、類稀なる圧倒的なビタミンC含有量を誇ります。
その成分を壊さないよう、植物細胞と同じ溶媒に溶け出させた抽出成分を使用していますので、じかに効きます☆

【カカドゥ・プラム効果】
ビタミンCはコラーゲンを生成するので、肌に弾力・ハリが出て
シワが目立たなくなります。そして、とにかく白くなります。顕著な美白効果に驚かされます!

《リニューアルされた商品アイテム》
リバイタルエッセンス+
リフレッシュローション+
ローズモイスチュアライザー+
(ラベルの商品名に「+」が表示されたものが、リニューアル後の商品です)

福袋に入っていた方もいらしたでしょう。

2週間ほど継続使用してみてから、
みなさんのご感想をお聞かせください!

About 福島 麻紀子

E-Conception(イー・コンセプション)創設者&代表。 国際ナチュラルセラピー協会(INTA)元理事。 国際クレイセラピー協会(ICA)元理事。 主な著書に『大地のエネルギーで癒すクレイセラピー』(フレグランスジャーナル社)、『赤ちゃんからのナチュラルケア』(学陽社)がある。 オーストラリア在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です