中村哲さん襲撃の理由は…水?

干ばつと水

アフガニスタンで長年人々の生活向上に寄与されてきた医師、中村哲さんの訃報ニュースを目にしました。

中村さんのことは知らなかったのですが、なんだかとても気になっていろいろな記事を探して読みました。

中村さんがどのような活動をされてきたのかは、きっと日本在住のみなさんのほうがお詳しいでしょうから割愛します。

私が気になったのは、中村さんを襲撃した人たちの「意図」「目的」です。

アフガニスタンは治安が悪いといわれますが、襲撃犯は中村さんの「死」を目標として、計画的犯行に及んだようです。

つまり、偶然の死ではないのですね。命を狙われていた…。

タリバンも関与を否定しているし、今のところ犯人は分かっていない、とされています。

ただ、政府は(証拠はないものの)パキスタンの関与を疑っているようです。

なぜか日本語ではこの点に触れられた記事は見つからなかったのですが、英語の記事で言及されています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Tetsu_Nakamura

え? なんでパキスタン人に狙われるの?

そこで、地図を見てみました。

【参考】アフガニスタンの地図

(別ウィンドウで開きます)

中村さんが活動の拠点としていたのはジャララバード。

この近くを流れるクナール川から用水路をひいて、砂漠のように干からびた土地を潤して緑化し、人々が暮らせる土地に変えていったそう。

このクナール川の下流を見ていくと、アフガニスタン国境を越えてパキスタンへと流れていくのです。

もしかしたら、クナール川から水路を引いたことで、下流が乾いてしまい、パキスタンの人たちに恨みを買ったのか?

・・・という、あくまで素人の推測ですが、そんなことを思いました。

—— * ——

ISが勢力を広げたり、難民が増えているのも、

元をたどれば「干ばつ」が原因、という説があります。

生きていくのに絶対に必要な「命の水」が不足すれば、人は激しく争うでしょう。

大切な人を守るために、どこかの軍に所属しなければならないこともあるでしょう。

でも、争っても誰も幸せにならないんだよね。。。

だから、中村さんは水を使えるようになることで、みんなが幸せになれる方法をとったのだけど。

残念な事件でした。

—— * ——

日本では水害のほうが問題になっているので、あまり実感がないかもしれませんが、世界各地で干ばつ問題は広がっているようです。

先進国ではエネルギー問題が同じような脈絡で語られているけど、「水」のほうがもっと大切な資源なのですよね。

——

限られた資源をどう使うのか?

その資源をより効率的に有効活用する方法は?

その資源を増やす方法はないのか?

——

そんなことが問われている時代なんですね。。。

 

——-

YouTuberマキコ・デビューしました!チャンネル登録よろしくね☆


——-

イー コンセプション
E-Conception https://www.e-conception.org/

イーコンセプション☆オンラインショップ

ホーム

フェイスブック
https://www.facebook.com/econception/

インスタグラム
https://www.instagram.com/e_conception/

ツイッター
https://twitter.com/oyasumineko/

INTA国際ナチュラルセラピー協会
https://www.inta-j.org/

FeelFreeフラワーエッセンス
https://www.feelfree.biz/essence/

——-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。